相棒 あらすじ 11話

相棒 あらすじ 11話

水谷豊と反町隆史が挑む運命の3年目!

「相棒 season16」1月10日(水)は、11話目の放送となります。

物語は、調和か対立か・・・相棒関係の新たな幕が開く!!

最新のあらすじが、公開されました。

相棒 あらすじ 11話は、下記の内容となります。

元特命係の陣川(原田龍二)がロンドン研修から帰国。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は陣川が現地で知り合った咲(真野恵里菜)から相談を受ける。

咲は親友・麻里(川村ゆきえ)の1カ月前の死に疑問を抱いていた。

遺書はなく、咲のスマートフォンに自殺をほのめかすメールだけが送られてきたという。

過酷な家庭環境で育ち児童相談所で知り合った咲や麻里の仲間の一人は、今は参議院議員として活躍する成澤(岩井七世)で・・・。

以上が、相棒 あらすじ 11話の紹介でした。

「相棒 season16」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

水谷豊さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント