相棒 あらすじ 13話

スポンサードリンク

相棒 あらすじ 13話

水谷豊と反町隆史が挑む運命の3年目!

「相棒 season16」1月24日(水)は、13話目の放送となります。

物語は、調和か対立か・・・相棒関係の新たな幕が開く!!

最新のあらすじが、公開されました。

相棒 あらすじ 13話は、下記の内容となります。

元法務大臣の瀬戸内(津川雅彦)が仮出所した。

住職として寺の再興を志す瀬戸内の元を、元衆院議員・雛子(木村佳乃)が訪問。

出家を願い出て瀬戸内を驚かせる。

一方、同寺の荒れた墓地から白骨遺体が見つかり、連絡を受けた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は捜査に乗り出す。

同じ頃、警視庁広報課長の美彌子(仲間由紀恵)は、ロシアのスパイ・ヤロポロクからの手紙を受け取る。

手紙には白骨遺体事件に関する情報が記されていた。

以上が、相棒 あらすじ 13話の紹介でした。

「相棒 season16」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

水谷豊さん ファンの方は、お見逃しなく!!
スポンサードリンク

この記事へのコメント