BG~身辺警護人~ あらすじ 4話

BG~身辺警護人~ あらすじ 4話

木村拓哉が武器を持たないボディーガードに!

「BG~身辺警護人~」2月8日(木)は、4話目の放送となります。

物語は、人々の思惑が交錯する濃密な人間ドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

BG~身辺警護人~ あらすじ 4話は、下記の内容となります。

厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)から警護依頼が入る。

表向きは病院の人間ドックに入る日に、対立派閥のトップとホテルで密談するという。

任務は病院を抜け出し、目的を果たして戻るまで。24時間体制の警視庁SPの目もかいくぐらねばならない。

章(木村拓哉)、村田(上川隆也)らが愛子の移送を担当する中、待機する高梨(斎藤工)は彼女の目的自体に疑いを抱く。

その頃、SPの落合(江口洋介)には愛子がいなくなったとの連絡が・・・。

以上が、BG~身辺警護人~ あらすじ 4話の紹介でした。

「BG~身辺警護人~」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

木村拓哉さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント