アンナチュラル あらすじ 6話

アンナチュラル あらすじ 6話

石原さとみさん 主演の「アンナチュラル」2月16日(金)は、6話目の放送となります。

物語は「逃げ恥」の野木亜紀子とタッグでおくる1話完結の法医学ミステリー

最新のあらすじが、公開されました。

アンナチュラル あらすじ 6話は、下記の内容となります。

東海林(市川実日子)は同じスポーツジムの会員同士の飲み会に参加。

翌朝、東海林が目を覚ますとホテルのベッドにいて、隣でジム会員の権田原(岩永洋昭)が死んでいた。

駆け付けたミコト(石原さとみ)によると、権田原は窒息死。

東海林は睡眠薬を飲まされた可能性が高いが、体から薬が検出されない。

さらに、飲み会に来る予定だった細川(三宅克幸)も窒息死したと判明。

警察が東海林を疑う中、ミコトらは2人の死因を探る。

以上が、アンナチュラルのあらすじ 6話の紹介でした。

アンナチュラルの放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

石原さとみさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント