隣の家族は青く見える あらすじ 6話

隣の家族は青く見える あらすじ 6話

深田恭子と松山ケンイチが、妊活夫婦を演じる。

「隣の家族は青く見える」2月22日(木)は、6話目の放送となります。

物語は、多様なカップルの生き方を描く!!

最新のあらすじが、公開されました。

隣の家族は青く見える あらすじ 6話は、下記の内容となります。

奈々(深田恭子)はお宮参りを終えた琴音(伊藤沙莉)の娘を抱き、思わず涙ぐむ。

人工授精に失敗し続けている奈々は精神的に追い込まれた状況。

大器(松山ケンイチ)と聡子(高畑淳子)はそんな奈々を心配する。

一方、亮太(和田庵)と暮らし始めたちひろ(高橋メアリージュン)だが、彼を甘やかすばかりの亮司(平山浩行)に戸惑う。

そんな中、朔(北村匠海)は母・ふみ(田島令子)から結婚をせかされる渉(眞島秀和)を見てつらくなる。

以上が、隣の家族は青く見える あらすじ 6話の紹介でした。

「隣の家族は青く見える」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

深田恭子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント