隣の家族は青く見える あらすじ 7話

隣の家族は青く見える あらすじ 7話

深田恭子と松山ケンイチが、妊活夫婦を演じる。

「隣の家族は青く見える」3月1日(木)は、7話目の放送となります。

物語は、多様なカップルの生き方を描く!!

最新のあらすじが、公開されました。

隣の家族は青く見える あらすじ 7話は、下記の内容となります。

人工授精の予定回数を終えた奈々(深田恭子)は、医師・片岡(伊藤かずえ)から体外受精への移行を勧められる。

その一方、奈々は役所の出張所で出くわした真一郎(野間口徹)から、深雪(真飛聖)には内緒で中学生の塾講師を無償でやっていると聞く。

その深雪は、女性の部屋に入っていく大器(松山ケンイチ)の姿を目にし、浮気ではと奈々に忠告。

信じられない奈々だが、大器から不妊治療をやめないかと言われて、けんかになる。

以上が、隣の家族は青く見える あらすじ 7話の紹介でした。

「隣の家族は青く見える」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

深田恭子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント