明日の君がもっと好き あらすじ 6話

明日の君がもっと好き あらすじ 6話

市原隼人さん 主演 明日の君がもっと好き 3月3日(土)は、6話目の放送となります。

物語は、恋愛に冷めた男女4人が“運命の出会い”に翻ろうされるヒューマンラブストーリー

最新のあらすじが、公開されました。

明日の君がもっと好き あらすじ 6話は、下記の内容となります。

亮(市原隼人)は、茜(伊藤歩)と遥飛(白洲迅)のある‘光景’を目撃し、嫉妬に苦しむ。

その直後、旅回り一座の座長である兄・よしき(黄川田将也)と久々に会い、勘当されて以来、16年ぶりで父・繁也(ベンガル)とも対面。

茜の件で傷心の亮は、繁也らを前に本心をさらけ出す。

一方、茜と遥飛は工事現場で働く香(森川葵)と遭遇。

家業を継ぐかもしれないと香から聞き、亮との結婚を意味していると察した茜は、絶望感を味わう。

以上が、明日の君がもっと好き あらすじ 6話の紹介でした。

明日の君がもっと好きの放送は、テレビ朝日系にて 毎週土曜 23:05~23:59 です。

市原隼人さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント