99.9 あらすじ 8話

99.9 あらすじ 8話

松本潤と香川照之の名コンビが復活!

日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」

3月11日(日)は、8話目の放送となります。

物語は、リーガル・エンターテインメントの第2シーズン

最新のあらすじが、公開されました。

99.9 あらすじ 8話は、下記の内容となります。

選挙を目前に控えた大物政治家・藤堂正彦(佐野史郎)の事務所で毒物による殺人事件が起きた。

事務所に送られてきた羊羹を食べた藤堂議員と妻の京子(森口瑤子)、後援会長、第一秘書の上杉の4人のうち、上杉が死亡し、京子は意識不明の重体になった。

事件後、羊羹の送り主であるニシカワメッキ社長・西川五郎(おかやまはじめ)は逮捕・起訴されていた。

鑑定の結果、羊羹の毒物は、西川の会社が保有するものと一致していた。

しかも、西川は新規事業で陳情に行き、断られたという動機まで発覚した。

絶対的に不利な状況の中、別人のように乗り気な佐田(香川照之)。

一方、深山(松本潤)はある矛盾に気付き、斑目(岸部一徳)の紹介で毒物鑑定人・沢渡(白井晃)に依頼する。

そんな中、裁判を担当するのが川上(笑福亭鶴瓶)に決まる。そして川上は深山たちの予期せぬ判決を下す。

以上が、99.9 あらすじ 8話の紹介でした。

日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」の放送は、
TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

どうぞ、お見逃しなく!!

この記事へのコメント