海月姫 あらすじ 9話

海月姫 あらすじ 9話

芳根京子が月9初主演でオタク女子に!

「海月姫」3月12日(月)は、9話目の放送となります。

物語は、ギャグ満載の新感覚シンデレラ・コメディー!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

海月姫 あらすじ 9話は、下記の内容となります。

天水館を守るためカイ(賀来賢人)の元へ行った月海(芳根京子)。

蔵之介(瀬戸康史)と修(工藤阿須加)が居場所を捜し始める中、ジジ(木南晴夏)は天水館からいずれ出て行かなければならないのなら一人一人が自立すべきだと言い、‘尼~ず’の面々は働くことを決意する。

一方、蔵之介はカイの会社のモデルオーディションに参加。

カイの滞在するホテルを突き止めるが、そんな蔵之介の前にカイの部下・ファヨン(伊藤ゆみ)が現れる。

以上が、海月姫 あらすじ 9話の紹介でした。

「海月姫」の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

芳根京子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント