相棒 あらすじ 最終回

相棒 あらすじ 最終回

水谷豊と反町隆史が挑む運命の3年目!

「相棒 season16」3月14日(水)は、最終回の放送となります。

物語は、調和か対立か・・・相棒関係の新たな幕が開く!!

最新のあらすじが、公開されました。

相棒 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

写真週刊誌記者・楓子(芦名星)がホテルのエスカレーターから転落。

額に傷を負った楓子は、居合わせた甲斐(石坂浩二)、美彌子(仲間由紀恵)、衣笠(杉本哲太)、青木(浅利陽介)、内村(片桐竜次)、中園(小野了)の6人の中の誰かに押されたと主張し、週刊誌の誌面で‘容疑者’全員の黒い目線入りの写真と共に事件を報じる。

警察が捜査に本腰を入れざるを得なくなる中、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)も楓子ら関係者から話を聞くが、一方で楓子の母・匡子(加賀まりこ)は怒り心頭。

楓子の実家は大阪を拠点とする暴力団で・・・。

以上が、相棒 あらすじ 最終回の紹介でした。

「相棒 season16」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

水谷豊さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント