BG~身辺警護人~ あらすじ 最終回

BG~身辺警護人~ あらすじ 最終回

木村拓哉が武器を持たないボディーガードに!

「BG~身辺警護人~」3月15日(木)は、最終回の放送となります。

物語は、人々の思惑が交錯する濃密な人間ドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

BG~身辺警護人~ あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

章(木村拓哉)の言葉が胸に刺さり、愛子(石田ゆり子)はテレビで真実を語る決意をする。

大臣辞任を勧告されたが、それでも村田(上川隆也)の名誉を守りたいと言う愛子に一同は期待感をにじませる。

身の危険を心配する章に対し、愛子は身辺警護を依頼。

その辞任と離党のニュースが流れる中、高梨(斎藤工)は経緯を村田の妻・靖子(中山忍)と息子・庸一(堀家一希)に伝える。

一方、落合(江口洋介)もまた事件の‘後始末’に動き出す。

以上が、BG~身辺警護人~ あらすじ 最終回の紹介でした。

「BG~身辺警護人~」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

木村拓哉さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント