いつまでも白い羽根 あらすじ 2話

いつまでも白い羽根 あらすじ 2話

新川優愛が看護師の卵に。

オトナの土ドラ「いつまでも白い羽根」

物語は、毎日を頑張っている人の背中を押す大人の青春ドラマ

4月14日(土)2話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

いつまでも白い羽根 あらすじ 2話は、下記の内容となります。

瑠美(新川優愛)と千夏(伊藤沙莉)は、出席日数が足りない佐伯(酒井美紀)を心配し、自宅を訪ねる。

裕福で2人の娘にも恵まれた佐伯の家庭を目の当たりにした瑠美は、なぜ彼女が看護師を目指すのか疑問を抱く。

そんなある日、瑠美が大学受験を志す‘仮面看護学生’だと知った研修医の拓海(清原翔)が、自身が医師を目指す原点となった場所へ瑠美を連れて行く。

彼の思いに心を打たれた瑠美は、自分の進むべき道を考える。

以上が、いつまでも白い羽根 あらすじ 2話の紹介でした。

「いつまでも白い羽根」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

新川優愛さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント