いつまでも白い羽根 あらすじ 3話

いつまでも白い羽根 あらすじ 3話

新川優愛が看護師の卵に。

オトナの土ドラ「いつまでも白い羽根」

物語は、毎日を頑張っている人の背中を押す大人の青春ドラマ

4月21日(土)3話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

いつまでも白い羽根 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

病棟実習で、瑠美(新川優愛)はがん患者・千田仙蔵(笹野高史)を担当する。

口が悪くかんしゃく持ちの千田に辟易(へきえき)する瑠美だったが、拓海(清原翔)の助言を受けて、千田と本音でぶつかることで徐々に距離を縮めていく。

と同時に、瑠美の中で拓海への想いも大きくなるが、拓海の気持ちは遠野に。

千田の病状は次第に悪化に向かい、その複雑な家族環境もうかがい知れるようになり、瑠美の悩みは尽きない。

「誰かを憎いと思ったことありますか?」千田に尋ねると・・・。

以上が、いつまでも白い羽根 あらすじ 3話の紹介でした。

「いつまでも白い羽根」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

新川優愛さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント