警視庁・捜査一課長 あらすじ 3話

警視庁・捜査一課長 あらすじ 3話

内藤剛志さん 主演 「警視庁・捜査一課長」4月26日(木)は、3話目の放送となります。

最強刑事のもとに、安達祐実さんら新戦力が加入してパワーアップ!

最新のあらすじが、公開されました。

警視庁・捜査一課長 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

繁華街のスクランブル交差点で男性が絶命。

別の場所で刺され、歩行中に息絶えたようだ。

被害者は元編集者の星川(中林大樹)で、捜査が進む中、星川が勤務先の出版社の倒産後、素人作家に自費出版を持ち掛ける出版詐欺をしていた可能性が高まる。

星川の口座に金を振り込んだ一人・透子(青山倫子)が、事件直前まで星川と会っていたことを認め、犯行を自供する。

しかし、大岩(内藤剛志)には彼女の犯行とは思えない。

以上が、警視庁・捜査一課長 あらすじ 3話の紹介でした。

「警視庁・捜査一課長」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

内藤剛志さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント