モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 2話

スポンサードリンク

モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 2話

ディーン・フジオカさん 主演ドラマ「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― 」

4月26日(木)は、2話目の放送となります。

物語は、名作「モンテ・クリスト伯」を原作にした、華麗な復讐劇。

最新のあらすじが、公開されました。

モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 2話は、下記の内容となります。

暖(ディーン・フジオカ)がダバン共和国の地下牢(ろう)に幽閉されて8年が経過。

ある日、独房の床が崩れ、日系3世の老人・ファリア真海(田中泯)が顔を出す。

ファリアも囚人で、脱獄用のトンネルを掘っていたのだ。

暖はファリアの話から、自分が刑事の入間(高橋克典)や漁師仲間の神楽(新井浩文)にだまされ、無実の罪を着せられたことに気付く。

暖はトンネルの掘削を手伝いながら、ファリアからあらゆる教養を学んでいく。

以上が、モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 2話の紹介でした。

「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― 」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

ディーン・フジオカさん ファンの方は、お見逃しなく!!
スポンサードリンク

この記事へのコメント