特捜9 あらすじ 4話

特捜9 あらすじ 4話

井ノ原快彦さん 主演 ドラマ 「特捜9」5月2日(水)は、4話目の放送となります。

「9係」から「特捜9」へ! さらなる魅力を加えて“新時代”を築く

最新のあらすじが、公開されました。

特捜9 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

民家の床下から白骨遺体が出てきた。

鑑識の猪狩(伊東四朗)によると、死後5年以上が経過しているという。

住人の加奈子(松岡由美)は、母親が亡くなり父親が施設に入居する昨年までは、家族3人で暮らしていたと話す。

直樹(井ノ原快彦)らは両親の犯行を疑うが、加奈子の父親は猪狩の知人の元警察官・泰三だった。

施設にいる泰三は、認知症で話がかみ合わない。

しかし、なぜかリフォームという言葉に激しく反応する。

以上が、特捜9 あらすじ 4話の紹介でした。

「特捜9」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

井ノ原快彦さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント