未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 3話

未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 3話

波瑠さんと鈴木京香さんが初タッグ!

「未解決の女 警視庁文書捜査官」5月3日(木)は、3話目の放送となります。

物語は、最強刑事が未解決事件の捜査に挑む!!

最新のあらすじが、公開されました。

未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

殺害された与田(深水元基)の刺青を見た理沙(鈴木京香)が、百人一首の言葉だと断定。

与田が5年前に殺された大学生・佳織(福原遥)の恋人だと指摘し、朋(波瑠)は驚く。

百人一首を研究していた佳織の事件は、未解決。父・繁夫(遠山俊也)から預かった日記と百人一首から、理沙は‘彼’が2人いたと推察し、札が1枚抜けていると気付く。

一方、ゼミの教授・塚本(吉田栄作)が、佳織のストーカーだった可能性が浮上する。

以上が、未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 3話の紹介でした。

「未解決の女 警視庁文書捜査官」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

波瑠さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント