家政夫のミタゾノ あらすじ 3話

家政夫のミタゾノ あらすじ 3話

松岡昌宏扮する“最恐家政夫”が帰ってくる!

「家政夫のミタゾノ」5月4日(金)は3話目の放送となります。

物語は、痛快のぞき見ヒューマンドラマ!!

最新のあらすじが、公開されました。

家政夫のミタゾノ あらすじ 3話は、下記の内容となります。

三田園(松岡昌宏)と麻琴(剛力彩芽)は、元刑事の堅一(升毅)の家で、定年祝いのパーティーの準備を手伝う。

娘・真実(藤井美菜)は恋人・孝文(戸塚純貴)を招き、堅一に結婚を認めてもらおうとしていた。

一方、孝文は路上でぶつかった男と取り違えたかばんの中に、血の付いた包丁や札束が入っていることに気付く。

しかも出迎えた真実にそのことを言い出せず、堅一を前に緊張する中、三田園にかばんの中身を見られてしまう。

以上が、家政夫のミタゾノ あらすじ 3話の紹介でした。

「家政夫のミタゾノ」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

松岡昌宏さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント