コンフィデンスマンJP あらすじ 5話

コンフィデンスマンJP あらすじ 5話

長澤まさみが天才詐欺師に!

「コンフィデンスマンJP」5月7日(月)は、5話目の放送となります。

物語は、古沢良太脚本の痛快エンターテインメントコメディー!!

最新のあらすじが、公開されました。

コンフィデンスマンJP あらすじ 5話は、下記の内容となります。

リチャード(小日向文世)の盲腸の手術をした外科医・田淵(正名僕蔵)が、工事現場で働くのをボクちゃん(東出昌大)が目撃。

病院理事長・ナンシー(かたせ梨乃)の息子で外科医の新琉(永井大)は有名な‘スーパードクター’だが、実際に執刀していたのは田淵だった。

しかも、あまりの薄給に昇給を願い出たところ、でっち上げの医療過誤を理由に職を失ったという。

ダー子(長澤まさみ)はボクちゃんを米国帰りの外科医として送り込む。

以上が、コンフィデンスマンJP あらすじ 5話の紹介でした。

「コンフィデンスマンJP」の放送は、フジテレビ系 毎週月曜 21:00~21:54 です。

長澤まさみさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント