特捜9 あらすじ 5話

特捜9 あらすじ 5話

井ノ原快彦さん 主演 ドラマ 「特捜9」5月9日(水)は、5話目の放送となります。

「9係」から「特捜9」へ! さらなる魅力を加えて“新時代”を築く

最新のあらすじが、公開されました。

特捜9 あらすじ 5話は、下記の内容となります。

人形師の涼子(大谷直子)が自宅工房で殺された。

第一発見者は、野球のボールを取りに来た少年・啓太(大嶺創羽)と、学童保育指導員の菜々子(篠原ゆき子)だった。

菜々子によると、子どもに厳しくすぐに叱りつける涼子に対し保護者からクレームがあり、定期的に訪問していたという。

志保(羽田美智子)らは14年前の涼子の夫・貴志(並樹史朗)の事故死を再捜査。直樹(井ノ原快彦)らは涼子が1週間前に訪ねた美術館に向かう。

以上が、特捜9 あらすじ 5話の紹介でした。

「特捜9」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

井ノ原快彦さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント