未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 4話

未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 4話

波瑠さんと鈴木京香さんが初タッグ!

「未解決の女 警視庁文書捜査官」5月10日(木)は、4話目の放送となります。

物語は、最強刑事が未解決事件の捜査に挑む!!

最新のあらすじが、公開されました。

未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

東京郊外のつり橋から突き落とされて意識不明のショップ店員・真智(吉井怜)の車から、15年前に失踪した里美(真飛聖)の毛髪が発見される。

里美は、現在は国会議員の夫・晃一(堀部圭亮)と息子2人と共に訪れていた神社の祭りの最中、こつぜんと姿を消していた。

朋(波瑠)と草加(遠藤憲一)の捜査や、理沙(鈴木京香)の筆跡鑑定により、真智が図書館で、里美の失踪事件に関する蔵書や資料を多数借りていたことが判明する。

以上が、未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 4話の紹介でした。

「未解決の女 警視庁文書捜査官」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

波瑠さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント