家政夫のミタゾノ あらすじ 4話

家政夫のミタゾノ あらすじ 4話

松岡昌宏扮する“最恐家政夫”が帰ってくる!

「家政夫のミタゾノ」5月11日(金)は4話目の放送となります。

物語は、痛快のぞき見ヒューマンドラマ!!

最新のあらすじが、公開されました。

家政夫のミタゾノ あらすじ 4話は、下記の内容となります。

三田園(松岡昌宏)と麻琴(剛力彩芽)は、美容界のカリスマ・美子(黒田福美)の屋敷に派遣される。

すると、出迎えた秘書の真奈美(天野はな)が美子は前夜、亡くなったと明かす。

ひそかに闘病していた美子は、美容と健康を訴えてきた自分の病死は会社のイメージダウンになると懸念し、家族葬を遺言。

既に長女・千香(遠山景織子)、長男・光太郎(山本浩司)と妻・里美(永井若葉)、その娘・由香里(吉川愛)が顔をそろえていたが・・・。

以上が、家政夫のミタゾノ あらすじ 4話の紹介でした。

「家政夫のミタゾノ」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

松岡昌宏さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント