いつまでも白い羽根 あらすじ 6話

いつまでも白い羽根 あらすじ 6話

新川優愛が看護師の卵に。

オトナの土ドラ「いつまでも白い羽根」

物語は、毎日を頑張っている人の背中を押す大人の青春ドラマ

5月12日(土)6話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

いつまでも白い羽根 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

瑠美(新川優愛)らは看護学校3年生の秋を迎えた。

ある日、瑠美は遠野(さとうほなみ)を家に連れて帰ることに。

貧血気味のクラスメートがいると聞いた智子(榊原郁恵)が、煎じ薬を取り寄せたのだ。

遠野が復讐のため、妹を死なせた医師を捜していることを知る瑠美だったが、遠野からもうすぐやめるつもりだと聞き、安心する。学校では、小児病棟実習が始まった。

瑠美は8歳の女児、千夏(伊藤沙莉)は10カ月の乳児の担当になる。

以上が、いつまでも白い羽根 あらすじ 6話の紹介でした。

「いつまでも白い羽根」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

新川優愛さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント