コンフィデンスマンJP あらすじ 6話

コンフィデンスマンJP あらすじ 6話

長澤まさみが天才詐欺師に!

「コンフィデンスマンJP」5月14日(月)は、6話目の放送となります。

物語は、古沢良太脚本の痛快エンターテインメントコメディー!!

最新のあらすじが、公開されました。

コンフィデンスマンJP あらすじ 6話は、下記の内容となります。

ボクちゃん(東出昌大)は2年ぶりに、のどかな風景と守夫(野添義弘)・美代(長野里美)夫婦の店の素朴なラーメンに感動した十色村を訪れる。

すると、地域再生のための施設建設は頓挫し、産廃処理場の着工が目前。

全ては悪質コンサルタント・斑井(内村光良)の策略だった。

地質調査中の現場から土器や土偶を出土させて工事を中止にするべく、ダー子(長澤まさみ)やリチャード(小日向文世)らは現場を‘巨大遺跡’に装う作戦に出る。

以上が、コンフィデンスマンJP あらすじ 6話の紹介でした。

「コンフィデンスマンJP」の放送は、フジテレビ系 毎週月曜 21:00~21:54 です。

長澤まさみさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント