未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 5話

未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 5話

波瑠さんと鈴木京香さんが初タッグ!

「未解決の女 警視庁文書捜査官」5月17日(木)は、5話目の放送となります。

物語は、最強刑事が未解決事件の捜査に挑む!!

最新のあらすじが、公開されました。

未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 5話は、下記の内容となります。

急死した官僚・須賀(児玉頼信)の体内から手術用鉗子(かんし)が見つかり、5年前の手術の医療ミス疑惑が浮上。

理沙(鈴木京香)はその手術の1週間後、同病院の放射線技師・中尾(町井祥真)が刺殺された未解決事件に気付き、第6係の面々は関連を疑う。

朋(波瑠)は古賀(沢村一樹)に中尾の件の再捜査を願い出るが、偶然にも、須賀の執刀医の弟で同手術の第一助手が、数カ月前銃撃されて生死の境をさまよった朋の主治医で・・・。

以上が、未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 5話の紹介でした。

「未解決の女 警視庁文書捜査官」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

波瑠さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント