モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 5話

モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 5話

ディーン・フジオカさん 主演ドラマ「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― 」

5月17日(木)は、5話目の放送となります。

物語は、名作「モンテ・クリスト伯」を原作にした、華麗な復讐劇。

最新のあらすじが、公開されました。

モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 5話は、下記の内容となります。

入間(高橋克典)は、父親の貞吉(伊武雅刀)に娘・未蘭(岸井ゆきの)の結婚を邪魔され、いら立つ。

貞吉は、入間の決めた婚約者・出口と未蘭が結婚したら、30億円の遺産全てを寄付に回すと遺言を書き直したのだ。

真海(ディーン・フジオカ)は、帰国した外交官の出口に、このままでは遺産が手に入らなくなると耳打ちし、あることを依頼する。

同じ頃、真海に近づこうとするすみれ(山本美月)は、愛梨(桜井ユキ)に連絡を頼む。

以上が、モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 5話の紹介でした。

「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― 」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

ディーン・フジオカさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント