家政夫のミタゾノ あらすじ 5話

家政夫のミタゾノ あらすじ 5話

松岡昌宏扮する“最恐家政夫”が帰ってくる!

「家政夫のミタゾノ」5月18日(金)は5話目の放送となります。

物語は、痛快のぞき見ヒューマンドラマ!!

最新のあらすじが、公開されました。

家政夫のミタゾノ あらすじ 5話は、下記の内容となります。

三田園(松岡昌宏)と麻琴(剛力彩芽)は、顔出しNGの人気デザイナー・千恵子宅へ。

玄関先で、デザインの催促に訪れたファッション誌の新人編集者と鉢合わせする。

実はその直前、家政婦代わりに使われていた弟子の一美が、自分の作品を盗作した千恵子を激しく非難。

突き飛ばしたはずみで、千恵子は棚の角に頭をぶつけて倒れ、動かなくなった。

3人が千恵子の顔を知らないと気付いた一美は、とっさに本人に成り済ます。

以上が、家政夫のミタゾノ あらすじ 5話の紹介でした。

「家政夫のミタゾノ」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

松岡昌宏さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント