特捜9 あらすじ 7話

特捜9 あらすじ 7話

井ノ原快彦さん 主演 ドラマ 「特捜9」5月23日(水)は、7話目の放送となります。

「9係」から「特捜9」へ! さらなる魅力を加えて“新時代”を築く

最新のあらすじが、公開されました。

特捜9 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

神社の石段の下に不動産会社社長の西田(青山勝)と部下の中島(村上剛基)が重なって倒れていた。

下の西田は死亡、中島は意識不明で病院に搬送される。

意識を取り戻した中島は、直樹(井ノ原快彦)らの事情聴取に犯行を自供する。

だが、検視で西田は別の場所で撲殺されたと判明。

やがて、西田の行きつけのスナックのママ・恵子(大島さと子)の亡夫が、21年前に火事に巻き込まれた中島の命の恩人だったことが分かる。

以上が、特捜9 あらすじ 7話の紹介でした。

「特捜9」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

井ノ原快彦さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント