モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 6話

モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 6話

ディーン・フジオカさん 主演ドラマ「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― 」

5月24日(木)は、6話目の放送となります。

物語は、名作「モンテ・クリスト伯」を原作にした、華麗な復讐劇。

最新のあらすじが、公開されました。

モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 6話は、下記の内容となります。

幸男(大倉忠義)のスキャンダルを探す神楽(新井浩文)は、彼が香港マフィアと関係があったことをつかむ。

折しも香港で、13年前の俳優一家失踪事件にマフィアが関与している疑いが報じられた。

幸男は当時その俳優の付き人だった。

神楽は同事件の捜査資料を持つという真海(ディーン・フジオカ)に協力を依頼するが断られ、寺角(渋川清彦)を使って情報を盗むことを決意。

一方、幸男の前にマフィアのダニーが現れる。

以上が、モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 6話の紹介でした。

「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― 」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

ディーン・フジオカさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント