コンフィデンスマンJP あらすじ 9話

コンフィデンスマンJP あらすじ 9話

長澤まさみが天才詐欺師に!

「コンフィデンスマンJP」6月4日(月)は、9話目の放送となります。

物語は、古沢良太脚本の痛快エンターテインメントコメディー!!

最新のあらすじが、公開されました。

コンフィデンスマンJP あらすじ 9話は、下記の内容となります。

ダー子(長澤まさみ)らの知人のちょび髭(瀧川英次)が、ベンチャー企業社長・桂(小池徹平)を標的にしたいと相談。

ちょび髭が応援する独立リーグの野球チームと下部リーグのサッカーチームを買収した桂は、チームを私物化した揚げ句、ボロボロにして放り出したという。

卓球に目を付けて失敗したダー子は、架空のバスケットボールのチームを作って売り付けようと、元日本代表候補の半原(和田聰宏)らをスカウトする。

以上が、コンフィデンスマンJP あらすじ 9話の紹介でした。

「コンフィデンスマンJP」の放送は、フジテレビ系 毎週月曜 21:00~21:54 です。

長澤まさみさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント