特捜9 あらすじ 9話

特捜9 あらすじ 9話

井ノ原快彦さん 主演 ドラマ 「特捜9」6月6日(水)は、9話目の放送となります。

「9係」から「特捜9」へ! さらなる魅力を加えて“新時代”を築く

最新のあらすじが、公開されました。

特捜9 あらすじ 9話は、下記の内容となります。

直樹(井ノ原快彦)らは公園で老女の変死体が見つかった事件を捜査。

被害者の口から偽の警察バッジが見つかり、腕には3本の傷痕があった。

所轄署刑事・見村(笠兼三)らの話から、管内で1年前から同一犯と思われる事件が続いており、今回が3人目の被害者と分かる。

署長の佐野(伊藤洋三郎)によると、見村らは一連の事件で本庁に不信感を抱いているという。

直樹らは、所轄署とは別行動で3件の事件の捜査を進める。

以上が、特捜9 あらすじ 9話の紹介でした。

「特捜9」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

井ノ原快彦さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント