警視庁・捜査一課長 あらすじ 9話

警視庁・捜査一課長 あらすじ 9話

内藤剛志さん 主演 「警視庁・捜査一課長」6月7日(木)は、9話目の放送となります。

最強刑事のもとに、安達祐実さんら新戦力が加入してパワーアップ!

最新のあらすじが、公開されました。

警視庁・捜査一課長 あらすじ 9話は、下記の内容となります。

多摩川の河川敷で見つかった他殺体の手首には輪ゴムがはめられていた。

被害者の美栄(下垣真香)には前科があった。

8年前、美栄は恋人の甲田(中村公隆)と窃盗を犯し、逃走中に甲田が小学生の星也(田中士道)を転落死させたのだ。

美栄は甲田が出所する日に殺されており、大岩(内藤剛志)は8年前の事件との関連を疑う。

萌奈佳(安達祐実)は、話を聞きに行った星也の母親で弁護士の英理子(安藤玉恵)の手首の輪ゴムに目に留める。

以上が、警視庁・捜査一課長 あらすじ 9話の紹介でした。

「警視庁・捜査一課長」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

内藤剛志さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント