モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 8話

モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 8話

ディーン・フジオカさん 主演ドラマ「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― 」

6月7日(木)は、8話目の放送となります。

物語は、名作「モンテ・クリスト伯」を原作にした、華麗な復讐劇。

最新のあらすじが、公開されました。

モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 8話は、下記の内容となります。

真海(ディーン・フジオカ)は信一朗(高杉真宙)と言葉を交わし、彼が入間(高橋克典)の娘・未蘭(岸井ゆきの)に好意を抱いていると知り不安を拭えない。

入間家では、瑛理奈(山口紗弥加)の計画をただ一人知る貞吉(伊武雅刀)が、それを未蘭に伝えようと焦っていた。

そこに真海が訪ねてくる。

一方、真海の正体に気付いた神楽(新井浩文)は、過去の秘密をネタに入間に取引を迫る。

入間は15年前と同じ取調室に真海を呼び出す。

以上が、モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 8話の紹介でした。

「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― 」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

ディーン・フジオカさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント