警視庁・捜査一課長 あらすじ 最終回

警視庁・捜査一課長 あらすじ 最終回

内藤剛志さん 主演 「警視庁・捜査一課長」6月14日(木)は、最終回の放送となります。

最強刑事のもとに、安達祐実さんら新戦力が加入してパワーアップ!

最新のあらすじが、公開されました。

警視庁・捜査一課長 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

河川敷で指紋のない男性の他殺体が見つかった。

大岩(内藤剛志)は、被害者が34年前、萌奈佳(安達祐実)の父親・谷中(中村梅雀)が捜査を担当していた殺人事件の容疑者・佐原(佐渡稔)だと気付く。

数日前、佐原は萌奈佳が参加した防犯イベントの会場に姿を現したという。

防犯カメラには、佐原がドレスを着た女性ともめる姿が写っていた。

佐原の所持品から、東京・銀座の高級クラブ経営者・弥生(片瀬那奈)の名刺が出てくる。

以上が、警視庁・捜査一課長 あらすじ 最終回の紹介でした。

「警視庁・捜査一課長」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

内藤剛志さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント