限界団地 あらすじ 3話

限界団地 あらすじ 3話

佐野史郎が、連続ドラマ初主演。

オトナの土ドラ「限界団地」

物語は、過去の幻想を追い求め、狂気に駆られた男の情熱と悲哀を描くオリジナルストーリー

6月23日(土)は、3話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

限界団地 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

寺内(佐野史郎)が引っ越してきた一番の理由は、古くから知る住人・加代子(江波杏子)の情報を得て、江理子(足立梨花)を穂乃花(渡邊詩)の母親として見初めたからだった。

一方、当の江理子は高志(迫田孝也)の不倫に悩んでいた。

高志の不倫疑惑を調べ始めた寺内は、彼に江理子を大事にするよう直接忠告する。

その際の寺内の異様な表情に恐怖を覚えた高志は、以前、団地にやって来た史代(朝加真由美)に会い、彼の素性を聞き出そうとする。

以上が、限界団地 あらすじ 3話の紹介でした。

「限界団地」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

佐野史郎さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント