ブラックペアン ネタバレ 7話

ブラックペアン ネタバレ 7話

二宮和也さん 主演 日曜劇場 「ブラックペアン」

感動の最終回で幕を閉じました。

このあたりで、最終回を完全攻略する為にネタバレで物語を振り返ってみましょう。

今回は、6月3日(日)に放送された7話目のネタバレです。

ブラックペアン ネタバレ 7話は、下記の内容となります。

帝華大に引き抜かれ、東城大を去った渡海(二宮和也)。

西崎教授(市川猿之助)の狙いはなんなのか?

高階(小泉孝太郎)も訝る。

一方、国産ダーウィン=カエサルを推進する厚労省の富沢(福澤朗)は、東城大に一人の患者の治験を持ちかける。

カエサルの治験にぴったりの症例だというその患者・山本祥子(相武紗季)の情報をどうして富沢が知ったのか?

東城大の患者のリストを誰かが持ち出したのだ・・・

佐伯教授(内野聖陽)は、富沢の後ろに西崎教授の影を感じる。

東城大は祥子を治験者にするため、担当医を黒崎(橋本さとし)にし、木下香織(加藤綾子)から祥子に治験についての説明をすることに。

ところが・・・。

以上が、ブラックペアン ネタバレ 7話の紹介でした。

日曜劇場 「ブラックペアン」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 でした。

★気になる後番組は松本穂香さん主演「この世界の片隅に」です。★

松本穂香さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント