ブラックペアン ネタバレ 8話

ブラックペアン ネタバレ 8話

二宮和也さん 主演 日曜劇場 「ブラックペアン」

感動の最終回で幕を閉じました。

このあたりで、最終回を完全攻略する為にネタバレで物語を振り返ってみましょう。

今回は、6月10日(日)に放送された8話目のネタバレです。

ブラックペアン ネタバレ 8話は、下記の内容となります。

国産の手術支援ロボット・カエサルの治験も最終段階に入り、外科学会理事会でカエサルのお披露目をすることに。

これまで治験でケースを重ねてきた東城大を差し置いて、帝華大主導でお披露目の手術をしたいという西崎教授(市川猿之助)。

東城大になんのメリットもないと判断した佐伯教授(内野聖陽)は西崎が執刀医となることを提案、東城大と帝華大の合同チームが誕生する。

合同チームに参加するのは渡海(二宮和也)、高階(小泉孝太郎)、世良(竹内涼真)の3名。

勢い込んで東城大に乗り込んできた帝華大のスタッフたちだったが、手術のシミュレーションを仕切る渡海の姿に圧倒される。

一方、佐伯が大学を不在にすることが増えたと学内で話題に。

いぶかしがる世良に、渡海は後をつけてみるようけしかける。

以上が、ブラックペアン ネタバレ 8話の紹介でした。

日曜劇場 「ブラックペアン」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 でした。

★気になる後番組は松本穂香さん主演「この世界の片隅に」です。★

松本穂香さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント