絶対零度 あらすじ 1話

絶対零度 あらすじ 1話

2018年 夏ドラマの情報が、いよいよ入って来ました。

今回は月曜日オススメのドラマを紹介します。

沢村一樹が「絶対零度」シリーズの新たな主人公に。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」7月9日(月)放送スタートです。

物語は、未然犯罪捜査チームの活躍を描く!!

最新のあらすじが公開されました。

絶対零度 あらすじ 1話

元公安刑事・井沢(沢村一樹)は、表向きは資料課分室所属、実際は極秘の「未然犯罪(ミハン)捜査チーム」のリーダー。

同捜査はAIのミハンシステムが予測した「これから起こる犯罪」を未然に防ぐ新たな試みだ。

失踪したバディ・桜木(上戸彩)を捜す元特殊班の山内(横山裕)は、特別捜査官の東堂(伊藤淳史)によりチームに加えられるが、冤罪の危険性があるミハン捜査に懐疑的だ。

そんな中、システムが新たに、クラブ経営者の富樫(武井壮)が殺人を犯す可能性が高いと割り出し、井沢らは捜査に乗り出す。

以上が、絶対零度 あらすじ 1話の紹介でした。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

沢村一樹さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント