刑事7人 あらすじ 1話

刑事7人 あらすじ 1話

2018年 夏の連続ドラマ 水曜日のオススメは、7月11日(水)放送スタートの「刑事7人」です。

東山紀之演じる刑事・天樹悠を中心に、新たな7人のスペシャリストが集結!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

刑事7人 あらすじ 1話の紹介です。

現金輸送車強奪犯の松原(永岡佑)が、仮出所した日に保護司に重傷を負わせて逃走。

現在は刑事資料係の天樹(東山紀之)は、捜査一課12係の環(倉科カナ)と青山(塚本高史)に頼まれ、7年前の事件の捜査資料を渡す。

7年前、松原は現金輸送車を乗り捨てた後、コンビニに籠城して逮捕。

松原が捨てたという約3億円入りのケースは見つかっていない。

天樹は、当時単独犯とされた松原に仲間がいたのではと疑い、独自に捜査を始める。

以上が、刑事7人 あらすじ 1話の紹介でした。

「刑事7人」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

東山紀之さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント