ハゲタカ あらすじ

ハゲタカ あらすじ

綾野剛が企業買収のダークヒーローに!

「ハゲタカ」いよいよ7月19日(木)放送スタートです。

物語は、累計230万部超の人気小説を連続ドラマ化

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ハゲタカ あらすじは、下記の内容となります。

バブル景気とともに産声を上げた「平成」は、バブル崩壊や失われた10年、リーマンショックにアベノミクスと、激動の時を経て2019年にその幕を閉じる。

そんな時代に、外資系投資ファンド「ホライズンジャパン・パートナーズ」を率い、大手銀行やリーディングカンパニーに次々と買収劇を仕掛け、莫大な利益を上げる男がいた。

その男の名は鷲津政彦(綾野剛)。

鷲津はバッシングを受けながらも、“利益相反”と“忖度(そんたく)”で腐りきってしまった企業の上層部をたたき、日本企業をよみがえらせていく。

以上が、ハゲタカ あらすじの紹介でした。

「ハゲタカ」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

綾野剛さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント