絶対零度 あらすじ 2話

絶対零度 あらすじ 2話

沢村一樹が「絶対零度」シリーズの新たな主人公に。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」7月16日(月)は、2話目の放送となります。

物語は、未然犯罪捜査チームの活躍を描く!!

最新のあらすじが公開されました。

絶対零度 あらすじ 2話

ミハン捜査員の井沢(沢村一樹)らはシステムが危険人物と認定した著名な料理人・早紀(黒谷友香)の捜査に着手。

元相棒の桜木(上戸彩)の焼死体が海外で見つかったと聞いた山内(横山裕)も動揺を隠して捜査に没頭する。

早紀は猛毒のリシンを入手して殺人を犯そうとしているようだが、彼女の標的が分からない。

小田切(本田翼)が料理人志望と偽って早紀に接近、井沢も早紀が運営する子ども食堂のボランティアとして接触する。

以上が、絶対零度 あらすじ 2話の紹介でした。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

※ 2話目の放送は、21時00分~22時09分 までの拡大版となります。

沢村一樹さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント