義母と娘のブルース あらすじ 2話

義母と娘のブルース あらすじ 2話

2018年 夏の連続ドラマ 火曜日のオススメは、綾瀬はるかさん 主演「義母と娘のブルース」です。

物語は、桜沢鈴の4コマ漫画を森下佳子の脚本でドラマ化

7月10日(火)は、2話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

義母と娘のブルース あらすじ 2話は、下記の内容となります。

亜希子(綾瀬はるか)のせいで学童保育で恥ずかしい思いをしたみゆき(横溝菜帆)が「母親合格採用通知」を撤回。

亜希子は謝罪を繰り返すが、みゆきの冷たい態度は変わらない。

やがて、亜希子が宮本家に越してきた。

みゆきは、亜希子が良一(竹野内豊)に家事を任せて仕事に打ち込んでいることに不満をもらす。

亜希子は女性社員を招集し、家庭内の家事分担の実情をリサーチ。

一方、みゆきは亜希子を追い出す作戦を考え始める。

以上が、義母と娘のブルース あらすじ 2話の紹介でした。

「義母と娘のブルース」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~23:07 です。

綾瀬はるかさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント