dele あらすじ

dele あらすじ

山田孝之と菅田将暉のダブル主演で描く

「dele」いよいよ7月27日(金)放送スタート!!

物語は、“デジタル遺品”を題材にした1話完結ドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

dele あらすじは、下記の内容となります。

「デジタル遺品」とは「誰に見られてもかまわない記録」から「人に見られては不都合な記録」まで、本人の死後もパソコンやスマートフォンに残されてしまうデータのこと。

不正を告発しようとしていた記録、遺書、愛する人との思い出、場合によってはテロ計画の証拠など、さまざまなデータが存在する。

坂上圭司(山田孝之)と真柴祐太郎(菅田将暉)は、依頼人の死後、不都合なデジタル記録を“内密に”抹消する仕事をなりわいとしていた。

しかし、2人は任務を遂行しようとするたびにさまざまな問題に巻き込まれ、依頼人の人生とそこに隠された真相をひもとかねばならない状況へと追い込まれていく。

以上が、dele あらすじの紹介でした。

「dele」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

山田孝之さんと菅田将暉さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント