遺留捜査 あらすじ 3話

遺留捜査 あらすじ 3話

2018年 夏の連続ドラマ 木曜日のオススメは、上川隆也さん 主演「遺留捜査」です。

物語は、風変わりな刑事・糸村聡の活躍を描く、人気ドラマの第5弾

7月26日(木)は、3話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

遺留捜査 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

人材派遣会社社長の桑原(増田修一朗)が自宅で殺され、現場から元従業員の野口(黄川田将也)の指紋や毛髪が見つかる。

捜査で元恋人・千鶴(乙葉)が産んだ野口の娘・美晴(牧芽依奈)が急性白血病で入院中と判明。

路花(戸田恵子)は入院患者になりすまし、骨髄移植のドナー適合検査に現れるはずの野口を待ち伏せする。

一方の糸村(上川隆也)は、桑原が趣味で飼っていたカブトムシの1匹だけが赤い目をしていたことが気になる。

以上が、遺留捜査 あらすじ 3話の紹介でした。

「遺留捜査」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

上川隆也さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント