ラストチャンス再生請負人 あらすじ 3話

ラストチャンス再生請負人 あらすじ 3話

仲村トオル主演! ドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」

7月30日(月)は、3話目の放送となります。

物語は、元銀行マンが企業の再建に挑むビジネスヒューマンドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

ラストチャンス再生請負人 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

「デリシャス・フード」はフランチャイズ権を売る一方、将来買い戻すと‘裏契約’を交わし、資金繰りをしていた。

含み損が100億円以上になると知って樫村(仲村トオル)は驚く。憤った社長・大友(本田博太郎)は辞任を宣言。

その後の緊急取締役会で、筆頭株主のファンド社長・山本(大谷亮平)はいきなり樫村に社長就任を依頼する。

すると、これまで冷淡だった岸野(勝村政信)も引き受けてほしいと懇願し、周囲も同調する。

以上が、ラストチャンス再生請負人 あらすじ 3話の紹介でした。

ドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

仲村トオルさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント