義母と娘のブルース あらすじ 4話

義母と娘のブルース あらすじ 4話

2018年 夏の連続ドラマ 火曜日のオススメは、綾瀬はるかさん 主演「義母と娘のブルース」です。

物語は、桜沢鈴の4コマ漫画を森下佳子の脚本でドラマ化

7月31日(火)は、4話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

義母と娘のブルース あらすじ 4話は、下記の内容となります。

良一(竹野内豊)と亜希子(綾瀬はるか)は商店街で下山(麻生祐未)から声を掛けられる。

マンションを購入すると偽り下山から情報を得ていた亜希子は、マンション販売を手伝わされる羽目に。

一方、家ではみゆき(横溝菜帆)が良一と亜希子に「偽装結婚なのか」と質問。

亜希子はみゆきが林間学校から帰ったら説明すると答えるが、晴美(奥貫薫)らママ友からも疑われていると知り、なれそめを良一と擦り合わせることにする。

以上が、義母と娘のブルース あらすじ 4話の紹介でした。

「義母と娘のブルース」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~23:07 です。

綾瀬はるかさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント