グッド・ドクター あらすじ 4話

グッド・ドクター あらすじ 4話

2018年 夏の連続ドラマ 木曜日のオススメは、山崎賢人さん 主演「グッド・ドクター」です。

4話目の放送は、8月2日(木)です。

山崎賢人がサヴァン症候群の小児外科医を熱演するヒューマンドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

グッド・ドクター あらすじ 4話は、下記の内容となります。

公園で倒れて緊急搬送された女児(高松咲希)には手術が必要だが、彼女は一言も口を利かず、名前も不明。

間宮(戸次重幸)が担当医に湊(山崎賢人)を指名し、高山(藤木直人)らは戸惑う。

そんな中、警察に連絡した母親・薫(瑛蓮)が駆け付け、7歳のあかりと判明した。

あかりは3歳で実母と死別し、薫はその父・修治(村上淳)と半年前に結婚したという。

翌日、薫が転院を申し出たと知った湊は、あかりを病室から連れ去る。

以上が、グッド・ドクター あらすじ 4話の紹介でした。

「グッド・ドクター」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

山崎賢人さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント