義母と娘のブルース あらすじ 5話

義母と娘のブルース あらすじ 5話

2018年 夏の連続ドラマ 火曜日のオススメは、綾瀬はるかさん 主演「義母と娘のブルース」です。

物語は、桜沢鈴の4コマ漫画を森下佳子の脚本でドラマ化

8月7日(火)は、5話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

義母と娘のブルース あらすじ 5話は、下記の内容となります。

良一(竹野内豊)が倒れた。

亜希子(綾瀬はるか)は動揺するみゆき(横溝菜帆)を落ち着かせるため、本当の病状を伏せて骨折で入院したと説明する。

一方で、亜希子は良一の会社での立場を守るため、彼の仕事を一時的に請け負うことに。

だが、話を聞いた良一は、病気の悪化で落ち込んだこともあり、亜希子に当たってしまう。

心身のケアもできず、良一の役に立てないとショックを受ける亜希子。

みゆきはそんな亜希子を気に掛け・・・。

以上が、義母と娘のブルース あらすじ 5話の紹介でした。

「義母と娘のブルース」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~23:07 です。

綾瀬はるかさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント