dele あらすじ 3話

dele あらすじ 3話

山田孝之と菅田将暉のダブル主演で描く

「dele」いよいよ8月10日(金)は、3話目の放送となります。

物語は、“デジタル遺品”を題材にした1話完結ドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

dele あらすじ 3話は、下記の内容となります。

千葉で写真館を営む中年独身男性・浦田が、削除前にデータをコピーしてバラの花と共に「江角幸子」に届けてほしいと依頼。

3日後、圭司(山田孝之)はその死を知らせる信号を受け、祐太郎(菅田将暉)が現地へ。

浦田の自殺と、幸子が近所で理髪店を1人で切り盛りしていることを確認する。

さらに、浦田のパソコンを持ち去った男の正体と、間一髪コピーしたデータから、圭司は浦田が長年、幸子を監視していた事実をつかむ。

以上が、dele あらすじ 3話の紹介でした。

「dele」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

山田孝之さんと菅田将暉さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント