いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 2話

いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 2話

渡辺麻友がAKB48卒業後、初の連ドラ主演。

オトナの土ドラ「いつかこの雨がやむ日まで」8月11日(土)は、2話目の放送となります。

物語は、愛と罪と狂気を描くラブサスペンス

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 2話は、下記の内容となります。

國彦(桐山漣)が劇団女優・舞子(紺野まひる)に接触した直後、舞子が謎の死を遂げる。

警察が調べる中、ひかり(渡辺麻友)は刑事の剛田(木村祐一)に意味深長な言葉を掛けられる。

一方、姿を消していた國彦が和也(堀井新太)を訪ね、15年前の事件当日のことを聞く。

劇団では舞子の死により「ロミオとジュリエット」の公演開催が危ぶまれたが、主宰の天竺(吹越満)は新しいジュリエット役にひかりを指名し、上演することを決める。

以上が、いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 2話の紹介でした。

「いつかこの雨がやむ日まで」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

渡辺麻友さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント